花の香花園



HOME
facebook
instagram
おすすめ商品
花束アレンジメント
プリザーブドフラワー
こちょうらん

お祝い用スタンド花
当店までの地図

お花のご予約メモ
ご来店用 配達ご依頼用
お客様の声

ブログ
店主の横顔
特定商取引に基づく表示

お問い合わせ(メール)

※ 当HP内で使用されている画像・文章等の無断使用は 固くお断りしております。





ジャングル化計画 始めよう!!

( お部屋に 観葉植物はいかがですか ? o(^v^)o )




 こちらのページでは、 お店に
 入荷したことのある観葉植物を
 いろいろ紹介してます。
 人気の定番グリーンから、
 ちょっと変わった植物まで。
 いろいろ、ありますよ〜。



     こちらのページは「画面」の「設定」などにより、
     レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなるなど、
     うまく表示されない場合がありますが、ご了承下さい。






なぜ、今、観葉植物か!?

それは・・・


1.空気清浄作用 があり、お部屋がキレイに! 
   (今、注目の マイナスイオン をいっぱい放出する種類も・・。)

2.美しいグリーンは、見ているだけでも 「癒し効果」 があるといわれます。

3.飾るだけで、ちょっとした お部屋の模様替え になります。

4.それでいて、手間いらず。観葉植物は 手入れがカンタン なものが多い!!

5.見た目やサイズ、種類も さまざま。 好みに合わせてチョイス できます。

6.そして、「あなた」 の愛情と育て方次第で、何年でも楽しむ事 が出来ます。

                ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ などなど。

   ☆☆ お部屋におひとつ、また、贈り物にいかが・・  (*^^*) ☆☆

こちらにご紹介している植物は、当店に以前、入荷したことのあるグリーンです。
「ミニ植物図鑑」 として、お楽しみ下さい。(*^^*) 


              



A.背の高い、観葉植物クンたち

    
1.ドラセナ・ソングオブインディア2.ブラッサイア
<リュウケツジュ科><ウコギ科>


    
3.斑(ふ)入りカポック4.幸福の木(ドラセナ・マッサン)
<ウコギ科><リュウケツジュ科>


  
5.エバフレッシュ(アメリカねむの木)
<マメ科>


  
6.ステノカルプス7.シマトネリコ
<ヤマモガシ科><モクセイ科>


 
8.シラフカズラ9.ドラセナ・カンボジアーナ
<サトイモ科><リュウケツジュ科>


A−1.美しい黄色の覆輪斑が入る、高さ2mほどの、
  丈夫な尺鉢(直径が30cmサイズの鉢植)です。

A−2.葉が傘のように見えるので、「アンブレラツリー」(なるほど!)とも
  呼ばれている、丈夫な植物です。写真は、170cmほどある尺鉢です。

A−3.耐寒性(寒さに強い事。)、耐陰性(日光不足に耐える事。)に優れた、
  丈夫な植物です。写真は、180cmほどの尺鉢です。

A−4.ネーミングで有名な、水やりがあまり要らない南国の植物です。
  いろいろなサイズがありますが、写真は、180cmほどの尺鉢です。
  なんか、恐竜の名前みたいですねえ。(^^;)

A−5.室内の明るさでも充分、成長し、管理できます。
  昼は葉が開いていて(写真中央)、
  夜は眠るように閉じる(写真右)、可愛いヤツです。
  市場の流通が少ない希少種で、観葉植物マニアのあなたにぜひオススメ!!

A−6.最近の新しい品種のグリーンです。大小さまざまなサイズがあります

A−7.あの、大人気「ハリーポッター」に、魔法のほうきの柄や、
  魔法の杖の原材料として登場している、丈夫な半耐寒性常緑高木です。
  庭植えにも出来る所が人気の秘密

A−8.ポトスなどと同じ仲間ですが、人目を引き付ける、シルバーの斑(ふ)が
  葉っぱに入っていてまるでプラスチックのような風合いが魅力です。
  (デザイン上、ピンクのリボンが付いてます。)

A−9.すっと立ち上がる幹と、美しく広がる葉のバランスが魅力。
  最近、注目の観葉植物です。




B.ちょっと背の高めの、観葉植物クンたち

    
1.パキラ2.ドラセナ・サンデリアーナ
<パンヤ科><リュウケツジュ科>


    
  
3.パキラ(斑(ふ)入り)4.シンゴニューム
<パンヤ科><サトイモ科>


    
5.旅人(たびびと)の木6.ドラセナ・コンシンネ
<バショウ科><リュウケツジュ科>


    
   
7.オリーブ8.トレヴェシア・パルマタ
<モクセイ科><ウコギ科>


    
   
9.パンダヌス(タコノキ)10.ジューンベリー
<タコノキ科><バラ科>


  
11.ベンジャミン「バロック」12.
<クワ科><科>


B−1.すっとした茎と広がった葉のバランスがおもしろい定番の観葉植物です。
  サイズは、小さいものから大きいものまでいろいろありますが、
  写真は、高さ140cmの中鉢です。なかなか難しいそうですが・・・
  もしも花が咲いたら、その後の種子は食用!になるそうです。 (^−,^)

B−2.「ミリオンバンブー」とも、呼ばれますが、竹ではなくドラセナ類の仲間です。
  最近の「はやりもの」です。写真は、120cmの中鉢ですが、
  もっと背の高いものも、低いものもございます。

B−3.珍しい斑(ふ)入りのパキラです。写真右が、上からの写真です。
   きれいでしょ。「霜降り」みたいでしょ。・・・   (^^;)

B−4.珍しい、縦向き仕立てのシンゴニュームです。
  写真右は、きれいな色と形の葉のアップです。

B−5.葉が扇状に広がる美しい植物です。旅人が、
  葉の鞘の所にたまった水を利用したから、この名が付いたと言われます。

B−6.こんな観葉植物がお部屋にあったら・・・。
  見るからにカッコイイでしょ。

B−7.最近、はやりな植物で、戸外で越冬できます。シルエットがステキでしょ?
  葉の表が緑色、裏はシルバーなのもオシャレですね。
  初夏に花が咲き、秋に実ります。

B−8.あまり出会えない珍しい植物です。
  はっぱが「かえるの水かき」みたいでかわいい。(*^^*)

B−9.足元が、まさしく「タコ」の足のようでユニーク。
  実は、根っこなんですけどね・・(*^^*)

B−10.この時期に実るので「ジューン(6月)ベリー」。
  丈夫で、庭植えも出来ます。

B−11.これでも「ベンジャミン」の仲間です。
  葉っぱがクルクルで可愛いでしょ? o(^v^)o
  かなり レアな観葉植物です。




C.中鉢サイズの、観葉植物クンたち

    
1.クリスマスブッシュ2.スモークツリー
<クノニア科><ウルシ科>


    
3.ドラセナ・コンシンネ4.ストレリチア
<リュウケツジュ科><バショウ科>


    
5.トックリラン6.カンノンチク
<リュウケツジュ科><ヤシ科>


 
7.ココ・マグノリア(トキワレンゲ)8.ブラックベリー
<モクレン科><バラ科>


    
9.ザミア10.アトロプルプレア
<ソテツ科><リュウゼツラン科>


    
11.リュウゼツラン・アガベ12.ロマリア(ブレクナム・ギッバム)
<リュウゼツラン科><オシダ科>


    
13.アグラオネマ14.ドラセナ・ワーネッキー
<サトイモ科><リュウケツジュ科>


15.ベンジャミン(スターライト)16.シマトネリコ
<クワ 科><モクセイ 科>


   
17.クルシア ロセア プリンセス18.斑入り(フイリ)ゴムの木
<オトギリソウ科><クワ科>


   
19.ザミオカルカス ザミフォーリア20.グレビレア
<サトイモ科><ヤマモガシ科>


 
21.モンステラ
<サトイモ科>


   
22.シナモン23.ベンガレンシス(ベンガルボダイジュ)
<サトイモ科><クワ科>


C−1.当店初入荷の珍しい植物です。日本とは逆の気候の、オーストラリア原産。
  現地では、夏のクリスマスに花が咲くので、この暑い時期なのに、
  「クリスマス」の名が付いてます。

C−2.「けむり」が立ち込めているように見えるので「けむりの木」とも呼ばれます。
  年中、戸外でもO.K.ですので、庭木にすることも出来ます。

C−3.姿の美しい人気の観葉植物です。写真は飾りやすいサイズの中鉢です。

C−4.花が「極楽鳥」に似ているので(誰か見た人、いるのでしょうか? (^^;))
  「極楽鳥花」とも呼ばれます。エキゾチックな葉だけでも、
  十分面白い観葉植物です。

C−5.ネーミングは、幹が「とっくり」に似ているところから。
  ちなみに「ラン」と付いてますが、「蘭」とは関係ありません。
  とっても丈夫で、耐寒性、耐陰性があり、少々水やりを忘れていても枯れません。

C−6.和風、洋風、どちらにも飾ることが出来る丈夫な観葉植物です。
  耐寒性、耐陰性あり。

C−7.当店初入荷。成長した新芽の先に、甘い果物のような良い香りのする花
  咲かせます。露地植え出来ます。

C−8.人気のつる性植物で、熟した実はジャムなどに利用できます。
  露地植えもでき毎年実ります。

C−9.成長が遅く、いつまでも姿が美しいソテツの仲間です。
  ひざ丈くらいのサイズ。

C−10.以前「お花いろいろ」のページでも紹介しました丈夫な植物。
  年中、戸外でも平気です。

C−11.年中、戸外でO.K.です。斑(ふ)入りの美しい品種。ひざ丈サイズ。

C−12.葉に光沢がある美しい、小型の木性シダです。
  上部の中心から次々と、新しい葉を生み出してゆき、にぎやかになります。

C−13.こうみえても、あの「サンセベリア」よりも、たくさんのマイナスイオンを
  放出
するそうです。85センチほどですが、横に広がっていてボリュームもあり、
  プラスチックのような質感が美しい観葉植物です。お部屋にいかが?。

C−14.こちらも、葉の「テカテカ」感が美しい品種。丈夫で手間いらずです。

C−15.人気のベンジャミンの中でも、珍しい斑(ふ)入りです。
  室内でも飾ることが出来ますが、戸外の方がおすすめです。ひざ丈サイズ。

C−16.上(B−6)にある「シマトネリコ」のやや小さいサイズです。

C−17.珍しいグリーンです。新芽の出方がかわいいでしょ?

C−18.比較的、流通の多いゴムの木ですが、
  「こんな色なら、ぜひお部屋に」って思われませんか?

C−19.葉っぱや、太い茎が個性的でしょ?
  乾燥に強く、水やりを少々忘れてても大丈夫。

C−20.この子も個性的でしょ。
  当店初入荷で、別名「羽衣の松」っていいます。

C−21.ここ数年 再び人気急上昇!!の丈夫で育てやすい観葉植物です。
  語源は、「モンスター」から。葉っぱのギザギザの切れ込みから
  イメージしたそうですが、ちょっと大げさかも? (^^;)  

C−22.この木こそが、あの有名な「シナモン」です。 (*^^*)
  樹皮を加工したものが香料として使われます。

C−23.インドで神聖視されるめでたいグリーンです。
  シルバーの幹と葉脈が入ったグリーンの葉のコントラストが素敵! 
  比較的、寒さにも乾燥にも強く丈夫です。




D.ちょっと背の低めの、観葉植物クンたち

1.ホスタ(ぎぼうし)2.アイビー
<ユリ 科><ウコギ科>


3.ネオレゲリア・サンセットボール4.風知草(フウチソウ)
<パイナップル科><イネ科>


5.クランベリー6.セネシオ(ワックスアイビー)
<ツツジ科><キク科>


 
7.ルージュプランツ(じゅずさんご)8.サンセベリア(とらのお)
<ヤマゴボウ科><リュウゼツラン科>


  
9.サンセベリア10.サンセベリア(スタッキー)
<リュウゼツラン科><リュウゼツラン科>


 
  
11.ワイヤープランツ12.斑(ふ)入りワイヤープランツ
「スポットライト」
<タデ科><タデ科>


13.リュウビンタイ14.
<リュウビンタイ科><科>


D−1.室内の観葉として、また戸外で植えつけることも出来ます。
  冬に地上部がなくなりますが、毎年でてきます。写真は横へこんもりした、
  高さ30センチほどのミックス植えですが、種類もたくさんあります。

D−2.これぞ定番のアイビー。写真はちょっと珍しい品種で「おすすめ」です。
  聞く所によると、アイビーには1000種をこえるたくさんの種類があるそうです。
  室内でも、戸外でも、育てられます。

D−3.こう見えて、パイナップルの仲間です。「コレ」ひとつ飾るだけで、
  南国気分がカンタンに味わえます
。手入れも手間いらずで、丈夫です。

D−4.見ているだけで涼しげな、最近の人気品種。
  冬に地上部は枯れますが、毎年出てきます。ひざ丈サイズ。

D−5.豊富なビタミン、ポリフェノールを含む、果実が魅力です。
  戸外植えも出来ます。

D−6.アイビーそっくりですが、・・・キク科です。( 花が咲くと納得できます。)

D−7.ホントに切れ目なく、可憐な白いお花がどんどん咲きます。
  そしてその花が次々に赤い実になってゆきます。なんか、うれしい。(*^^*)

D−8.お部屋に置いておくだけで、マイナスイオンがいっぱい放出される
  今、とっても旬なグリーンです。

D−9.同じく、サンセベリアですが、こんな品種もあります。
  飾りやすい丈の低い品種です。お部屋にいかが??

D−10.これでも、サンセベリアですよ。

D−11.つる性のグリーンで、どんどん伸びてゆきます。
  寒さ・暑さにも強いので、戸外に植える事もできますよ。

D−12.こちらは、「ワイヤープランツ」の最新ヴァージョン(2007頃の品種)。
  明るい 斑(ふ)入り葉が特徴です。

D−13.なんと、数万年もの間、地球の環境に順応して育ってきた植物です。
  優しい葉っぱと対照的な、株元のゴツゴツしたところも、
  この植物の本体です。
  また、次々と、ゼンマイのような可愛い新芽が出てきます。




E.ちょっと小型の、観葉植物クンたち

    
1.斑入りタマサンゴ2.フィロデンドロン
<ナス 科><サトイモ科>


    
3.ポリポジウム4.シュガーバイン
<ウラボシ科><ブドウ科>


    
5.ツリーゼラニウム6.幸福の木(ドラセナ・マッサン)
< フウロソウ科><リュウケツジュ科>


E−1.斑(ふ)のない品種もありますが、写真は斑(ふ)入りです。
  次々と小さい白い花を咲かせます。それが次々に白い実になり、
  オレンジ色に実ってゆきます。年中、戸外でO.K.です。

E−2.空気清浄作用の非常に高い観葉植物です。45センチほどの丈ですが、
  すっきりとしていますので、お部屋に飾っても邪魔になりません。

E−3.「わかめ」ではありません。(^^;) ちょっと珍しい観葉植物です。
  テーブルに飾れるサイズです。

E−4.テーブルに飾れるサイズの、最近はやりのつる性のグリーンです。
  よく見ると、ひとつひとつの葉がかわいらしく、ここのところ、
  雑誌などによく紹介されています。名前の由来は、葉の裏に
  砂糖のような白くて甘い樹液をつけるところから。ちょっと舐めてみたい・・ (^^;)

E−5.以前「お花いろいろ」で紹介しましたが、こうみえて「ゼラニューム」の仲間。
  意外や意外、手でふれると「レモン」の香りがたちこめます。

E−6.人気の観葉植物と、ミッフィーのコンポートのコラボです。
  御祝などに良さそう。テーブルに飾れるサイズ。




F.ミニサイズの、観葉植物クンたちを中心に

    
1.ポトス寄せ鉢2.ワイヤープランツ(いす付き)
< サトイモ科><タデ科>


    
3.ゴッドセフィアーナ&ペペロミア4.斑入りカンノンチク&ミニ観葉(かご入り)
<リュウケツジュ 科&コショウ科><ヤシ科 他>


    
    
5.コウモリラン
<ウラボシ科>


F−1.定番グリーンです。少々、水を忘れていても平気です。
  写真は、ミニサイズ3個をコンポートにセットしたものです。

F−2.これも最近人気のつる性グリーンです。
  暑さ、寒さにも強く、戸外で越冬もします。かわいい「いす」にセットしました。

F−3.ミニグリーンをかごに飾ってみました。他にもいろいろあります。
  お財布にもやさしい、お手ごろ価格です。ちょっとしたお手土産などにいかが?

F−4.手前は、お買い物かごにかわいいワンちゃんを一緒にセットした
  ミニ観葉植物いろいろです。後ろは、丈夫な斑(ふ)入り品種のカンノンチクです。

F−5.独特の葉、おもしろい姿の、着生シダです。写真は、ミニの手乗りサイズ。
  可愛いヤツです。(特に写真、真ん中は、かぶとむしみたいでしょ? (*^^*))
  熱帯性ですが、5度くらいまでの寒さにも耐えられます。
  管理のしやすさも二重丸。




G.<< 夏だけ限定 >> 南国の植物クン(花付き)たち

    
1.当店名:サマーバケーション(大)2.当店名:サマーバケーション(中)
<パイナップル科 他><パイナップル科 他>


3.アンスリューム4.アンスリューム5.アンスリューム
<サトイモ科><サトイモ科><サトイモ科>


G−1.グズマニア3種、ネオレゲリアに、観葉植物をセットした
  豪華な寄せ鉢です。日光いらず、肥料もあまり要らなくて、
  手入れがとってもカンタンです。

G−2.同じく、グズマニア2種と観葉植物のセット。
  こう見えて、グズマニアは、パイナップルと同じ仲間です。

G−3.とっても、お手入れがカンタン。日光要らずの室内で、もちろんO.K.。
  お花も、長期間楽しめます。また、お花が終わっても、
  葉は、1年中楽しめるこの時期のすぐれものです。

G−4.珍しい、オレンジがかった品種「テネシー」です。
  花も大きめで、ボリュームいっぱい。
  ちなみに、色のある部分のまんなかの突き出した部分がお花
  色のある部分は、苞(ほう)と呼ばれる部分です。 
  「ほう・・、なるほど。」  (^^;)

G−5.ピンクで、形の美しい苞が特徴の「ピンク・チャンピオン」です。
  特に花もちのいい最近の人気品種




店内には、その季節・季節の植物が入荷しています。
「冷やかし」歓迎です。お気軽に 見に来て下さいね。 o(^v^)o

 

                         

<こちらのページのお問い合わせ>


     花の香花園

       しろひがし店 (愛知県犬山市天神町・犬山駅東口降りて1分) 
       本店      (愛知県犬山市東古券・犬山城南へ10分)


        掲載されている植物のサイズ、価格、ご注文、ご相談などは、
                しろひがし店(0568−62−8389)までどうぞ。


                       メールでの、お便りはこちらから


「検索」等で、このページから当ホームページに入って見えた方へ。

≪ 花の香花園 公式ホームページ ≫ の
トップページはこちらからどうぞ。