花の香花園


HOME
facebook
instagram
おすすめ商品
花束アレンジメント  こちょうらん
プリザーブドフラワー  観葉植物
お祝い用スタンド花  還暦祝いに赤いバラ
当店までの地図
お花のご予約メモ
ご来店用 配達ご依頼用
お客様の声
ブログ
店主の横顔
特定商取引に基づく表示
お問い合わせ(メール)

※ 当HP内で使用されている画像・文章等の無断使用は 固くお断りしております。



「リーガスベコニアと仲良くなる方法」

こちらのページでは、
四季咲きでうれしい

「リーガスベコニア(エラチオールベコニア)」の
秘密
に迫ります。(*^_^*)

< 店頭での鉢植の入荷時期: 夏と冬を除く通年 >

<注> ベコニアの仲間は、非常に種類が豊富です。
こちらのページは、その中でも
「リーガスベコニア」について紹介しています。
他の種類のベコニアの管理は、以下の限りではありません。



「お水をいっぱいあげるのに、なんか変なふうになってしまうわ。」

「どう育てたら、またお花が咲くのかしら。」

「なぜ、リーガスベコニアって呼ぶの?」


そんなあなたの疑問・不満
お花の専門家ズバリ解消します。





ベコニアも種類が増えました。
少しだけ、紹介しましょう。

「こんなのもあるんだ」って驚かれますよ。(*^^*)

(※ 以前、当店に入荷した品種の紹介です。
現在入荷中のものではありません。)


色は、赤、ローズ、ピンク、黄、オレンジ、白、複色(色が混ざったもの)・・・。

咲き方も、一重咲き、八重咲きとさまざま・・。

まず、定番の品種をいろいろ、見て下さいね。

        

    

上段左から、濃いピンクの「ネッテ」、オレンジの「バティック」、黄色の「ブリック」
下段左から、複色の「ペギー」、薄いピンクの「ルイーズ」です。


ここで、ちょっと変わったリーガスベコニアを紹介!!



お花は、バラみたいで豪華、
それよりも、葉っぱが美しいんです。
「アンジェリカ」って言います。

他にも、紹介していきましょう。 (*^^*)

「ビノス」シリーズです。

 

左が「ビノス・ソフトピンク」、右が「ビノス・ピンク」です。
アップでどうぞ。



花形がかわいいでしょ。
バラみたい・・・。(*^^*)

さらに、こんなお花も。



「ボリアス」っていいます。
かわいい上に、
花のもちがバツグンなんですよ。


次も、珍しい品種「アール・ヌーヴォー」

    


誰ですか??

「なんか、コレって傷んでるんじゃな〜い??」

なんて言われる方は・・(^^;)

こういう品種なんですよ。
なんか、大人っぽくて、シックで、いいでしょ。(*^^*)


次は、「クリスティン」

  



続いて、目が覚めるような、八重咲き品種
「ルネッサンス フローラ」





次は、「ジャンヌ・ダルク」

  

希少種なんですよ。

よく見ると・・
上で紹介したものに似てますけど・・。

( お花は、「クリスティン」に似てて、
葉っぱのギザギザが
「ルネッサンス」に似てるよね。)





リーガスベコニアと仲良くなる方法!

それでは、管理方法です。

   
1.置き場所
   室内・外の半日陰 (窓際に置いた場合でいえば、
    レースのカーテン越しくらいの日光の強さ)が最適。
     日光の当たり方が、強いと葉やけを起こします。

   ただし、寒い時期(10月後半頃〜4月頃まで)は室内で。

2.水やりの仕方
   過湿を嫌いますので、水やりの回数は、控えめにします。
   土の表面が、黒っぽい状態(湿った状態)から、
   茶色っぽくなってきてから、たっぷりとあげます。

3.肥料のやり方
   夏、冬以外は、月に2回ほど液体肥料を与えます。
    (開花中も、与えるとお花が喜びます。 (*^^*))




それでは、園芸相談始めます。 (*^_^*)

   きっと皆さんのお知りになりたい事がココに!!


<お水をいっぱいあげるのに、すぐ痛んでしまう>

    実は、お水のあげ過ぎが致命傷だったりします。
    お水は、できるだけ控えめにあげましょう。

<どう育てたら、またお花が咲くのかしら>

    そんな「あなた」にお贈りする
        <年間に、何度も咲かせる方法!!>

           パチ・パチ・パチ・・(勝手に拍手・・(^^;))

    まず、下の写真を見て下さい。



たいてい、こんな寂しい・・(^^;) 感じになってきます。

そこで、間のびした花茎を切り詰めます。



ちょうど、真ん中が、切り詰めた部分です。
(ちょっと、分かりにくいかもしれませんが・・)
同じように、全体をカットして、
リフレッシュさせてやります。



なんか、スッキリしたでしょ。 (*^^*)

その後、新芽が伸びてきて
数ヵ月後に

「あなた」の育てた

2回目のお花


咲いて来ますよ〜。(*^^*)

その時は、戸外の日当たりの方がお花は付きやすいですよ。
(もちろん、上の「管理方法」にあるように、
寒い時期は、室内で、また、
夏の強い日差しには、当てないで下さい。)


ちなみに、次の写真が、2回目のお花!!



上の状態から、約1〜2ヵ月後、kintoki が咲かせたお花です。
(途中、痛んだ葉っぱなどは、採ってきれいにして あります。)

<なぜ、リーガスベコニアって呼ぶの?>

    「リーガス」とは・・・
    ドイツのリーガーさんが育成した品種だからです。
    じゃあ、「ベコニア」ってのは・・
    ・・・わっかりませ〜ん・・・(^^;)




窓辺に飾ってみたくなりました? (*^^*)

ところで・・・
あなたの疑問
多少・・ですが、
ズバッと・・・答えて・・・
ありますでしょうか? (^^;)
   
                                               
おしまい。 (*^^*) 

 


  花の香花園
 しろひがし店 (愛知県犬山市天神町・犬山駅東口降りて1分)
 本店 (愛知県犬山市東古券・犬山城南へ10分)



「検索」等で、このページから当ホームページに入って見えた方へ。

≪ 花の香花園・お花でワクワク倶楽部 ≫
トップページはこちらからどうぞ。