花の香花園



HOME
facebook
instagram
おすすめ商品
花束アレンジメント
プリザーブドフラワー
こちょうらん

お祝い用スタンド花
当店までの地図

お花のご予約メモ
ご来店用 配達ご依頼用
お客様の声

ブログ
店主の横顔
特定商取引に基づく表示

お問い合わせ(メール)

※ 当HP内で使用されている画像・文章等の無断使用は 固くお断りしております。




「あじさいと仲良くなる方法」

< 店頭での鉢植の入荷時期: 4月〜6月頃 >




「葉っぱばっかりで、お花が咲かないわ。」

「去年は、ピンクだったのに、今年は、青になってしまったわ。」

「日本のあちらこちらに自生してるけど、どこが原産地なの?」

そんなあなたの疑問・不満
お花の専門家ズバリ解消します。





では、まず、

「あじさいって、こんなのあるけど、知ってます?」 特集!!

とは、言っても、少しだけですけど・・
ちょっとばかり紹介しますね。 (*^^*)


(※ 以前、当店に入荷した品種の紹介です。
現在入荷中のものではありません。)


まず、がくあじさいです。

   

どちらも、「城ヶ崎」という美しい品種です。

続いてどうぞ。

    

うわーっ!! きれいですねえ。
左が珍しい純白の「シュガーホワイト」
右が定番のピンクですが発色の美しい「ウィーン」です。

続いて変り種の品種を見てください。

        

  左から順に、個性的な色の「グリーンシャドウ」
個性的な花型の「かしわばあじさい」「アナベル」です。

     

きれいでしょ?
右の品種が、「フラウ」、左は、その色変わり品種を寄せ植えしたものです。


次は、さらに、ビックリ品種。

これでも、あじさいのつもり・・???

     

比較的、新しい品種
「ファンタジア」っていいます。

咲き始めはきれいなグリーン、それからピンク、グリーンへと変化していきます。

次にご紹介するのも、個性的な品種です。

     

こちらは 「西安(シーアン)」っていう品種。

どちらも、枯れてないですよ〜。(^^;)

コレが、市場から入荷した状態です。

こちらの品種は、ピンクから、少しずつ、シックなグリーン、渋めの赤に変化していきます。
ちょうど、ドライのような状態になっていきます。


「だったら、やっぱり、枯れていく途中じゃないかー。」


そうかもしれませんねえ・・・・  (^^;)

でも、この状態がクラシカルで美しいでしょ? (*^^*)


あじさいは、来年も比較的、簡単に咲くお花って事が うれしいポイントですね。(*^^*)





あじさいと仲良くなる方法!

それでは、管理方法です。

   
1.置き場所
   室内・外の半日陰 (窓際に置いた場合でいえば、
    レースのカーテン越しくらいの日光の強さ)が最適。

2.水やりの仕方
   土の表面が、乾き始めたらたっぷりと。

3.肥料のやり方
   購入して、開花中のものは不要です。




それでは、園芸相談始めます。 (*^_^*)

   来年も咲かせるぞって方へ!

ポイントはココ!!


1.お花が終わってきたら
     ココが、大事なポイントです。

     鉢植の場合、枝元2〜3節くらい残して、切り詰めます。 
        (また、庭植えの場合も、花後
         全体の半分くらいを目安に切り詰めます。
         ただし、4〜5年に1度は、枝の更新をはかるため、
         枝元2〜3節ほどで、切るとよいようです。)

     ちょっと、勇気がいりますが・・・
     来年、良いお花を咲かせるために 
     心を鬼にして・・ (^^;) 切ってしまいましょう。

     そうそう、ココも、大事なポイントですが、
     この作業は、必ず、遅くても7月中旬までに終わって下さい。
     (切り詰めるのが、遅いと・・・
     来年の準備し始めた花芽を切ってしまうことになりますので。)


     では、実際にやってみましょう。



ちょっとばかり、疲れてきた「あじさい君」です。

アップで見ると・・



中心部がクタクタになってます。
(この中心部が、本当の「花」の部分です。)

株そのものを弱らせないために、早めに切り詰めましょう。



ちょうど、赤いポイントが付けられている部分です。
(切り詰める位置が高いと、来年、高めの位置でお花が咲きます。)



こんな感じです。
同じように、全体を・・



切ったばっかりは、なんか、寂しい感じですけど・・ (^^;)
すぐに、新芽が伸びてきて、葉っぱが増えてきますよ。

2.植え替え、または、露地植え
     ココが、大事なポイントです。
     切り詰めた後は、必ず植え替えます。
       (ほとんどの場合、根が詰まっているためです。)
     ひと回り大きい鉢か、お庭などに植え替えます。
       (あじさいは、戸外で越冬します。)

3.置き場所
     戸外の日当たりか半日陰。
      (夏が半日陰になる場所なら、より最適です。)

4.水やりと肥料
     あじさいは、お水が大好き。
     土が乾き始めたら早めにあげましょう。

     植え替え後、化成肥料(置き肥)を1度与えます。
     それとは別に、液体肥料を与えます。
     (9月まで月に数回程度。)

5.来年の、花の色は・・??
     すぐ下の、「そこが知りたい!!」質問コーナーを見てね。




「そこが知りたい!!」質問コーナー

   <葉っぱばっかりで、お花が咲かないわ。>

     花後の切り詰める時期が、遅いと咲かないことがあります。
     花後に、植え替えをされなかった場合(根詰まりが原因)、
     肥料が足らない場合も、咲かないことがあります。

   <去年は、ピンクだったのに、今年は、青になってしまったわ。>

     花の色は、土壌の性質に影響を受けます。
     土が、酸性なら青く、アルカリ性なら赤くなります。
      (日本の土壌は、酸性の場合が多いので、
       青くなることが多いようです。
       また、白花は、影響を受けにくいようです。)

そこで・・・・お待ちかねの・・

     お花の色を自由自在に操る方法です。 (*^^*)

    花色を赤くする方法
     赤玉土7に対して、腐葉土3を混ぜた土に植えます。 
      (石灰を混ぜる方法もあります。)
    花色を青くする方法
     赤玉土7に対して、ピートモス3を混ぜた土に植えます。

   <日本のあちらこちらに自生してるけど、どこが原産地なの?>

     自然咲きのあじさいは、実は、ココ、日本です。
     万葉の時代から、園芸植物として、栽培されていたようです。
     それが、江戸時代、オランダの医師シーボルトによって
     ヨーロッパに伝えられ、海外で品種改良が次々に行われ、
     いろいろな種類が生まれました。
     (もちろん、今では、日本でも、品種改良が行われています。)




育ててみたくなりました? (*^^*)

ところで・・・
あなたの疑問
多少・・ですが、
ズバッと・・・答えて・・・
ありますでしょうか? (^^;)


                     おしまい。 (*^^*) 





  花の香花園
 しろひがし店 (愛知県犬山市天神町・犬山駅東口降りて1分)
 本店 (愛知県犬山市東古券・犬山城南へ10分)



「検索」等で、このページから当ホームページに入って見えた方へ。

≪ 花の香花園・お花でワクワク倶楽部 ≫
トップページはこちらからどうぞ。